東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

来年新設の市立吉川中学、LGBTなどに配慮 性別関係なく制服の自由

吉川中で採用される女子の制服のスカートとスラックスのイメージ(吉川市教育委員会提供)

写真

 吉川市教育委員会は、来年四月に開校する市立吉川中学校で、生徒が性別にかかわらず制服のスラックスやスカートを自由に選べるようにする。LGBTなど性的少数者への配慮が理由で、同市立中学では初めての試み。女子の制服にスラックスを取り入れる動きは各地で広がりつつある。

 市教委によると、吉川中の制服はブレザー、スラックスとも男子用と女子用があり、男女共通のネクタイとリボンも自由に組み合わせが可能。男子がスカートをはくこともできる。

 吉川中は近くの南中の生徒数の増加を受けて新設され、約三百九十人が入学予定。市教委は昨年七月から、南中の教職員や保護者らによる検討委員会を立ち上げ、制服の在り方を協議してきた。

 通学区域の小学校の保護者や教職員を含めた約九百四十人にアンケートも実施。「女子もスラックスをはけるようにしてほしい」「トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)だけでなく、誰でも自由に選べる制服がいい」などの意見が上がったという。

 県外では東京都中野区と世田谷区が、今年四月から全区立中で女子用スラックスを採用。千葉県柏市立柏の葉中も昨年四月から自由に制服を選べるようにした。柏の葉中の取り組みを参考にしたという吉川市教委の担当者は「多様性を認め、他の市立中学三校でも選択の幅を広げる方向で見直していきたい」と話している。 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報