東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<秩父点描>夜祭へ「ならす」太鼓 屋台囃子、市内で稽古

写真

 12月2、3日の秩父夜祭を間近に控え、夜祭をにぎやかす秩父屋台囃子(やたいはやし)の稽古「ならし」が今月25日夜、秩父市内各地であった。

 ならしは「太鼓を鳴らす」「太鼓の革をならす」「たたき手の腕を慣らす」の意味。市内6町会の太鼓、笛、かねの奏者がそれぞれの練習場に集まり、本番に向けて最終の仕上げをする。中村町屋台囃子練習場(同市中村町)には、中近(なかちか)町会の9歳〜60代の約30人が参加。「トントコ、トントコ」という小気味よいリズムが、夜遅くまで響き渡った=写真。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報