東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

採れるイチゴの数 AI解析 越谷の農園で研究

イチゴの栽培ハウス内を走るロボット=越谷市農業技術センターで(市提供)

写真

 まだ収穫できる実があったのに、来客予約を断ってしまった−。イチゴ狩りを楽しめる越谷市の観光農園で、こんな需給のミスマッチが起きている。市は、この課題を人工知能(AI)で解決しようと、農業ベンチャー「銀座農園」(東京)との共同研究に乗り出した。同社製のロボットで生育状況を分析し、効率的な経営につなげる狙いだ。

 市によると、市内に十カ所あるイチゴ農園は観光スポットとして人気が高く、昨シーズン(今年一〜五月)は計約九万人が来場。食べられる実の個数を営業前日に大まかに把握し、なくならないよう調整して客の予約を受け付けている。

 だが、経験を頼りにしているため、受け入れた客の数に対して収穫できる実が多く余ってしまうことも。市が整備した関東最大級のイチゴ農園「越谷いちごタウン」には八棟の栽培ハウスがあるが、個数を数える作業も負担になっている。

 共同研究では、自律走行できるロボットを市農業技術センターのイチゴの栽培ハウス内で走らせ、搭載カメラで映像を収集。データをAIで解析し、収穫できる実の個数を割り出す。センサーで温度や湿度を感知し、最適な生育環境の管理にも役立てる。

 研究は来年五月までで、市は結果を踏まえ、いちごタウンにロボットを導入する予定。他の農園にも活用を提案するといい、センターの担当者は「農家の収益のロスを減らしたい」と話している。 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報