東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

熊谷6人殺害 あす控訴審判決 妻と娘失う「それでも3人帰ってこない」

控訴審判決を前に、妻と娘2人の遺影に手を合わせる男性=熊谷市で

写真

 熊谷市で二〇一五年九月、男女六人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、一審さいたま地裁の裁判員裁判で死刑判決を受けたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)の控訴審で、東京高裁は五日、判決を言い渡す。弁護側は一審同様、心神喪失だったとして無罪を主張。事件で妻と娘二人を失った遺族の男性(46)は本紙の取材に「死刑は譲れないが、それで三人が帰ってくるわけでもない」と苦しい胸の内を明かした。 (森雅貴)

 「皆で行ったスーパーや公園の前を通るたび、以前の生活を思い出し、普通の人とは違う人生を生きているのだと感じる」

 事件当日、男性が勤務先から帰宅すると、自宅近くは規制線が張られ、物々しい雰囲気。頭が真っ白になり、それから数日の記憶はない。

 妻や娘が最後に何か言っていたか、どんな様子だったのか−。真実を知ろうと被害者参加制度を利用し、一審から公判に参加した。控訴審の被告人質問では、男性の代理人弁護士が「(事件で殺害された)小さな二人の子どもは覚えているか」と尋ねたが、被告は「いいえ」。「被害者に謝罪するか」との問いには「被害者ですか。謝ることですか。どうしてですか」との回答。真実を知るどころか、怒りが高まるだけの結果に終わった。

 少しでも心を整理しようと昨年、事件が起きていったん離れていた自宅に戻り、仕事にも復帰。そのままだった一五年九月のカレンダーもめくった。しかし、妻子への思いは募るばかり。

 「家族のため一生懸命働いていたのだと実感し、仕事が楽しくなくなった。四年たった今でも家族を失った苦しみは続いている」

<熊谷6人殺害事件> 2015年9月14〜16日、熊谷市の住宅3軒で田崎稔さん(55)、妻美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、男性の妻加藤美和子さん(41)、長女美咲さん(10)、次女春花さん(7つ)=年齢はいずれも当時=の計6人が相次いで殺害された。被告は現場の住宅に指紋を残していたほか、服などに被害者の血痕を付けていたが、一連の事件を否認。つじつまの合わない供述もあり、刑事責任能力が公判の主な争点となっている。一審さいたま地裁は完全責任能力を認め、求刑通り死刑を言い渡した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報