東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

インドネシア語・ネパール語 在住者急増で追加 電話相談可能に

 近年、県内在住者が急増するインドネシア人とネパール人への対応を充実させるため、外国語で電話相談などに乗る「外国人総合相談センター」(さいたま市浦和区北浦和5)は、インドネシア語とネパール語を追加し、計11言語での対応を始めた。

 同センターは、2010年度から韓国・朝鮮語やベトナム語、易しい日本語など9言語で、在留資格や国籍取得、医療福祉関係などの相談を受けてきた。電話による相談が主で、法律など専門的な相談内容であれば予約制で対面で行う。英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語は常駐の相談員が対応。残りの7言語は電話を用いて通訳者を介した三者通話で対応する。

 県によると、昨年12月末時点で県内に住む外国人は18万762人で、全国5番目の多さ。県内で6番目に多いネパール人(6282人)と、10番目のインドネシア人(2935人)は、それぞれ前年より20%超増えている。

 相談連絡先は同センター=電048(833)3296=へ。(飯田樹与)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報