東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

加須の小学校、余裕教室を改修 幼稚園の新園舎が完成

竣工式でテープカットする大橋市長(中央)ら=加須市で

写真

 加須市で、市立騎西小学校の余裕教室を改修した市立騎西中央幼稚園の新園舎が完成した。十二日に同校で竣工(しゅんこう)式があり、大橋良一市長や園児代表がテープカットするなどして完成を祝った。園児約八十人が年明けから新園舎を利用する。市によると、余裕教室のこうした活用は県内でも珍しいという。

 新園舎は小学校の一、二階の一部を利用。保育室五室や職員室、園児用トイレ二カ所などを備える。児童の活動部分とは廊下の引き戸で区切ることができ、必要に応じて閉める。延べ床面積は六百五十八平方メートル。再整備費用は約二億円。

 同幼稚園は一九六五年築で、老朽化のため市が再整備を検討。児童数の減少で生じた小学校の余裕教室の有効活用のほか、校内に整備することで卒園後の学校生活にスムーズに慣れることが期待できるとして事業を進めてきた。 (寺本康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報