東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

インフル予測 AI活用 事前対策へ さいたま市など実験 

4週間先までの流行レベルが一目でわかる予報の専用サイト

写真

 さいたま市などは今月、人工知能(AI)を使って市内のインフルエンザの流行状況を予測するサービスの実証実験を始めた。天気予報と同じ感覚で利用してもらい、事前の対策につなげる狙い。インターネットの専用サイトで来年三月二十日まで公開している。

 情報技術(IT)を活用した「スマートシティ」の構築に向け、市とシステム開発した日立製作所などが連携して企画した。市によると、自治体と共同で感染症予報の実証実験が行われるのは全国初。日本医師会ORCA管理機構が医療機関から提供を受けて扱う直近の患者数データに、過去のデータなどを組み合わせてAIが分析する。

 専用サイトでは、四週間先までの市内の流行度合いをレベル0〜3の四段階で予測。無料通信アプリ「LINE(ライン)」などでも配信する。実験を通じてサービスの有効性が確認できれば、将来的な事業化も検討していくという。

 専用サイトは「インフルエンザ予報 さいたま市 実験」で検索。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報