東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「ごうかくダムカレー」受験生応援 秩父・学習施設 お守り付き

趣向を凝らした食材とお守りなどが付いた「ごうかくダムカレー」=秩父市で

写真

 本格的な受験シーズンを控え、秩父市上吉田の野外学習施設「吉田元気村」は、近隣の県営合角(かっかく)ダムにちなんだ「ごうかくダムカレー」を販売している。縁起の良い食材とお守りが付いたこの時期恒例の限定メニューで、勝負に挑む若者たちを応援する。

 カレーは、合格にちなみ五角形に仕上げたライスと、「勝つ」に通じる5切れのヒレカツ、「福の神」に由来するとされる福神漬けからなる。さらに、ダム近くの寺で願掛けしたお守りや特製ダムカードなどの景品も付く。

 元気村を管理する第三セクター「ちちぶ観光機構」と、ダムを管理する秩父県土整備事務所が共同開発し、今回で4回目。

 元気村の今井里美所長は「スタッフ一同、皆さんに福が来るようにと念じている。カレーを味わうことで、受験生らに御利益があればいい」とPRしている。税込み1000円で、限定300食。完売時点で終了。営業時間は午前11時〜午後3時。火、水曜休み。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報