東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<秩父点描>縁起物だるま求め 参拝客らにぎわう 秩父・虚空蔵禅寺

縁日でだるまを買い求める市民ら=秩父市で

写真

 秩父市上宮地町の虚空蔵禅寺で十二日、小正月の縁日が開かれた。夜の境内は、縁起物のだるまを買い求める参拝客らでにぎわった。十三日まで。

 寺は丑(うし)、寅(とら)年生まれの守り本尊。かつて縁日は養蚕農家らでにぎわったが、養蚕が斜陽になった今、商売繁盛や学業成就を祈願する参拝客が増えたという。

 毎年訪れるという秩父市上町の小学生浅海柚哉(ゆずや)君(11)は「今年は学力向上をお祈りした。特に国語の文章を書く力が身に付けられたらいいな」と意気込んでいた。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報