東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

公立高全日制で1.15倍 卒業予定者の進路希望

 県教育局は十四日、今春の県内中学校卒業予定者の進路希望調査結果(昨年十二月十五日現在)を発表した。県内公立高校全日制の平均志願倍率は一・一五倍で、前年同期より〇・〇三ポイント下がった。

 全日制の倍率の内訳は、普通科一・二〇倍(前年同期比〇・〇四ポイント減)、専門学科〇・九八倍(同〇・〇一ポイント減)、総合学科一・〇三倍(同〇・〇一ポイント増)。

 普通科の倍率トップは市立浦和の二・一三倍、二位は浦和西の一・九六倍、三位は市立川越の一・九三倍だった。全日制の七十三校、百十七学科・コース・系で希望者が募集人数を下回った。 (飯田樹与)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報