東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

40歳以上の「イチオシ本」 越谷であす18日、15人がバトル

昨年10月にあった鶴ケ島市の予選会の様子

写真

 自分が面白いと思った本の書評合戦「ビブリオバトル」の出場者を四十歳以上に限定した「R40大人のビブリオバトルin埼玉」の決勝戦が十八日、越谷市のイオンレイクタウンkazeの翼の広場で開かれる。主催する県は、最も読みたいと思った本に投票する観覧者を募集している。

 県によると、ビブリオバトルの参加者は中高生らが一般的だが、四十歳以上に限定したイベントは全国初という。出場するのは、昨年九〜十二月に県内十七市町であった予選会を勝ち抜いた十五人。当日は三組に分かれて準決勝を戦い、最後に三人で決勝戦を行う。

 出場者は「チャレンジ、出会い、笑顔」の三テーマから一つを選び、五分間で発表する。県の担当者は「知的好奇心を通じて出場者と観覧者、一般の見学者らが交流するなどしてほしい」と話す。

 観覧者の定員は各回四十人。事前申込制だが、当日受け付け分もある。詳細はホームページ「埼玉共助スタイル」を参照。開催時間は午前十時〜午後三時。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報