東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

川越花火今夏は中止 五輪と重なり警備の人員不足懸念

 川越市は、今夏の「小江戸川越花火大会」を中止すると発表した。東京五輪・パラリンピックと開催時期が重なり、雑踏警備や交通整理に必要な人員確保が難しいためという。

 市観光課によると、花火大会は安比奈(あいな)親水公園と伊佐沼公園で1年交代で開催しており、昨年8月は伊佐沼公園で開いた。

 今年の会場となる予定だった安比奈親水公園の最寄り駅は、五輪ゴルフ会場の霞ケ関カンツリー倶楽部と同じJR笠幡駅で、従来の開催時期では、五輪帰りの客と花火の客が駅に集中する。時期や場所の変更も、既存イベントとの調整が困難と判断し、中止を決めたという。 (中里宏)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報