東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<秩父点描>「ウイスキー祭」3300人飲み比べ 国内蒸留所、輸入業者ら60ブース展開

大勢のウイスキー愛好者でにぎわう会場=秩父市で

写真

 国内外のウイスキーを一堂に出品する「秩父ウイスキー祭」が16日、秩父市の秩父神社などで開かれた。約3300人の愛好者がさまざまな酒を飲み比べていた。

 ウイスキーの奥深さを知ってもらおうと、バーや酒販店でつくる実行委員会が毎年この時期に開催し、今年で7回目。

 秩父市の酒造会社「ベンチャーウイスキー」をはじめ、国内の蒸留所や輸入業者らが計約60カ所のブースを展開。愛好者たちとブースの担当者が、ウイスキー談議を楽しむ姿があちこちで見られた。

 さいたま市北区の会社員青木瑞穂さん(46)は「普段あまり目にすることがないお酒も味見できる。自分の好みを見つけられるのがいいですね」と満足そうに話した。

  (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報