東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

募るNIE実践指定校 6月開始で県推進協 新聞8紙を無償提供

 学校教育での新聞活用を進めている県NIE推進協議会(会長・薄井俊二埼玉大教育学部長)は、2020年度の実践指定校を募集している。

 指定校には(1)東京新聞のほか朝日、毎日、読売、産経、埼玉、日経、日刊工業の日刊紙8紙を毎日1部ずつ4カ月間、無償提供(2)記者(講師)派遣や新聞社見学での優遇(3)NIE情報の提供、NIE全国大会参加補助(4)実践交流や研修の機会提供−の特典がある。

 期間は2年。本県の指定枠は20校。2年目の継続校が10校あるため、新規に募集するのは小中高校(特別支援学校を含む)の計10校。公私立は問わない。説明会を経て6月から実践を開始。定期総会や実践発表会への参加、実践報告集の原稿作成が要請される。

 応募は「NIE実践指定校希望」の表題で、学校名、校長名、担当者名を明記して同協議会事務局までメール=nie@saitama-np.co.jp=で。締め切りは3月15日。指定を受けた学校には4月末までに通知する。問い合わせは事務局(埼玉新聞社編集局内)=電048(795)9161=へ。 (大西隆)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報