東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

熊谷出身のオペラ歌手 大宮で音楽祭 原田勇雅さん「本物 届けたい」 

歌声を披露する原田さん=県庁で

写真

 熊谷市出身のオペラ歌手・原田勇雅さん(38)が、県庁に大野元裕知事を訪ね、三月二十一日にさいたま市大宮区の大宮ソニックシティで開かれる「原田勇雅のクラたま音楽祭2020」をPRした。二〇一八年にイタリア・モンテカティーニ国際オペラコンクールで日本人として初めて優勝したことを記念した開催で、原田さんが音楽監督や演出を務める。

 グローバルとローカルの両方の視点から、将来有望な県出身の若手歌手や地元合唱団など地域に根差して音楽活動をしている愛好家ら約百二十人が出演。「旅立ち」をテーマに、オペラや埼玉ゆかりの楽曲など約三十曲を歌う。

 自らもオペラや童話朗読を披露する原田さんは「既存のクラシックより親しみやすく、なおかつ本物を届けたい」と抱負を述べた。

 音楽祭は午後一時半開演。指定席三千八百円、自由席三千円。問い合わせは、テレビ埼玉ミュージック=電048(827)0086=へ。 (飯田樹与)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報