東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<秩父点描>セツブンソウ見頃 小鹿野

かれんな小花を咲かせるセツブンソウ=小鹿野町で

写真

 小鹿野町両神小森の節分草園で、春の花セツブンソウが見頃を迎えている。丘陵地帯に群生する白い小花を一目見ようと、大勢の観光客が訪れている。

 セツブンソウはキンポウゲ科の多年草。白く花びらのように見えるのはがくで、黄色い花びらが紫色のおしべを取り囲んでいる。がくの枚数や葉の形など、個体差が大きいのが特徴だ。

 節分草園は約5000平方メートルで、全国でも有数の規模を誇る。今年は暖冬のため、見頃が例年よりも1カ月程度早く、3月初めごろまでの来園がお薦めという。午前8時半〜午後4時半。中学生以上300円。問い合わせは町おもてなし課=電0494(79)1100=へ。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報