東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

大凧に「五輪」文字入れ 春日部

「五輪」の文字が書き入れられた大凧=春日部市で

写真

 春日部市の江戸川河川敷で五月三、五日に開かれる「春日部大凧(だこ)あげ祭り」に向け、二枚の大凧に「東京」「五輪」の文字をそれぞれ書き入れる作業が二十三日、同市の旧宝珠花小学校体育館などであった。

 祭りは江戸時代後期に始まり、大凧は縦十五メートル、横十一メートル、重さ八百キロに及ぶ。今年は東京五輪・パラリンピックの開催を祝い、選手を応援しようと、実行委員会がこの文字に決めた。

 この日は庄和大凧文化保存会の上若組と下若組が約二時間かけ、小川町産の和紙を千五百枚貼り合わせた上に、水性塗料を使って書き上げた。赤は太陽、緑は大地、白は江戸川の流れを表しているという。

 小凧(縦六メートル、横四メートル)にも、市内の小学生から公募して選んだ「挑戦」「感動」の文字を入れた。例年は誰でも作業に参加できるが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて見学のみに限定した。

 保存会の川島栄会長(61)は「大凧を揚げて、五輪の成功を願いたい」と話した。祭り当日の凧の引き手も四月三日まで募集している。問い合わせは実行委=電048(736)1111=へ。 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報