• 東京新聞ウェブ

栃木

<終盤情勢>高橋優位 加藤伸び欠く

2019年7月18日 紙面から

 自民現職の高橋が抜け出し、優位に戦いを進める。公明の後押しを受けて組織票を固め、幅広い年代から支持を集めている。町長を長く務めた実績を生かし、地方対策に重きを置く姿勢をアピールする。

 立民新人で野党統一候補の加藤は、立民、共産の支持層を固めたものの、伸びを欠く。「女性」「働き盛り世代」を強調。県出身の立民・枝野幸男代表も応援に入り、知名度アップで活路を見いだす。

 「NHKから国民を守る党」新人の町田は同団体の地元市議と連携するが、苦戦している。

主な政党の公約

新聞購読のご案内