東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 静岡 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【静岡】

ららぽーと沼津がオープン 人気店にぎわう 開店前から2300人行列

記念式典でテープカットに臨む木村さん(右)と頼重市長

写真

 飲食やファッションを中心に217店が入る「ららぽーと沼津」が4日、沼津市東椎路で開業した。通常より30分早い午前9時半のオープン前から、約2300人が並ぶ盛況ぶりだった。モール内は、お目当ての店を探す客たちの楽しげな声であふれた。一方、駐車場や周辺道路の混雑を懸念する声も出ていた。 (杉原雄介)

オープンと同時にお目当ての店へ向かう大勢の来店客=沼津市のららぽーと沼津で

写真

 沼津は全国十五カ所目のららぽーとで、県内では磐田市に次いで二カ所目。地元や全国で人気の飲食店や、ファッションブランドがそろうほか、親子で遊べる無料エリアや、映画館などの娯楽施設も充実させた。

 開業式典には、ららぽーとのCMに出演する女優木村佳乃(よしの)さん(43)が登場。「小さい子はすぐ買い物に飽きるから、子ども向けスペースは助かる。フードコートにも、おいしそうなメニューがたくさん」とPRした。沼津市の頼重秀一市長も「沼津は商都と言われていたが、中心市街地の空洞化により求心力が低下している。ららぽーとは市外に流れた人たちを呼び戻すチャンス」と期待を込めた。

 この日午前は家族連れや女性が目立ち、スイーツ店やレストランには行列ができていた。ディズニーや、沼津が舞台のアニメ「ラブライブ! サンシャイン!!」とコラボした開業記念グッズも人気を集めていた。

 国道1号に面した立地から車で訪れる客も多く、富士市の主婦大江麻衣さん(35)は「平日なのに駐車場までの道が混んでいた。土日に来るのは、しばらく難しそう」と語った。沼津駅からバスで来た沼津市の主婦菊地麻栗菜(まりな)さん(24)も「バス停にも列ができていて、乗るまでが大変だった」と混雑ぶりに驚いていた。

 ららぽーとを運営する三井不動産(東京)の担当者は「沼津駅から一日六十便ほどの路線バスがあり、片浜駅(同市今沢)からも循環バスが出ている。当面は週末や祝日の混雑が想定されるので、バスを使ってほしい」と呼び掛ける。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報