東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 静岡 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【静岡】

台風19号 熱海と函南で断水

給水パックをもらおうと列をつくる住民ら=熱海市で

写真

 熱海市や函南町へ水を送る県営駿豆水道の送水管の一部が、同町畑の土砂崩れで損壊し十三日、両市町を中心に断水が始まった。県企業局によると、断水の解消は二十一日遅くから二十二日を見込み、宿泊施設などへの影響も懸念される。

 熱海市は貯水池の水が尽きると、最大で約八千世帯が断水する。函南町は約千四百世帯、伊豆の国市も三百四十一世帯が影響を受ける。

 企業局によると、函南町の町道下に埋設されていた送水管が土砂崩れによって幅五十メートルにわたって崩落、通水できなくなったことが原因という。熱海市では給水車が断水地域を回り、給水パック(六リットル)の支給を始めた。

 同市の斉藤栄市長は会見し「非常事態と捉え、一刻も早い復旧を目指すとともに、節水をお願いしたい」と語った。市は他の自治体の支援も受けて給水車の数を増やして対応する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報