東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 静岡 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【静岡】

台風19号被害 県「断水解消」住民「まだ」 認識に食い違い

県営駿豆水道の送水管が破損し断水、給水所で列をつくる住民たち=18日、熱海市で

写真

伊豆の国 900世帯「使えない」

 県は二十一日、台風19号の影響による断水が「二十日をもってすべての市町で解消」と発表した。だが実態は異なる。伊豆の国市の別荘地「伊豆エメラルドタウン」では今も九百世帯弱で水が使えない状態が続いている。そこには「断水解消」の解釈を巡る、行政と住民のボタンの掛け違いがあるようだ。(山中正義)

 県危機対策課によると、断水解消は、各自治体からの報告に基づき発表した。伊豆の国市からは十五日に、解消、との報告を受けていた。県はエメラルドタウンの話は「把握していない」という。

 これに対し、同市水道課の担当者は「解釈の仕方の違い」と説明する。市としては「市が管理する水道という意味で県に報告したつもりだった」と釈明する。

 エメラルドタウンの水道は民間管理。ただ現在は、今回破損した県営駿豆水道から給水を受けている。こうした実情が事態を複雑にした。

 市の「言葉足らず」はホームページ(HP)上でも誤解を生む結果に。十五日に市内の「断水解消」を発表したが、エメラルドタウンの住民から「断水は続いている」と苦情を受けた。市は慌ててHP上の文言を「市内の一部地域を除く断水解消」と訂正した。

 エメラルドタウンの住民の男性(71)は「私たちは市民ではないのか。納税もしているのに」と憤る。市水道課の担当者は「『市が管理している』という言葉を付けるべきだった。誤解を生む結果になってしまった」と反省する。

    ◇

 県営水道の断水は熱海市や函南町へ水を送る送水管が同町の土砂崩れで破損し発生。応急の復旧工事が十八日に終わり、各市町への通水が再開された。函南町経由で水を得ているエメラルドタウンへも通水は始まっているが、各家庭に供給するのに十分な水が貯水タンクにたまっておらず、給水に頼る生活が続いている。管理組合などによると、完全復旧は二十四日までを目標にしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報