東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 静岡 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【静岡】

心打つ富士山への思い 富士宮 手紙・絵コンクール表彰式

審査員長の村松友視さん(右)から表彰状を授与される入賞者たち=富士宮市民文化会館で

写真

 富士山に寄せる思いを手紙と絵の両部門で表現する第二十四回「富士山への手紙・絵コンクール」(同実行委主催、中日新聞東海本社など後援)の表彰式が十五日、富士宮市民文化会館であった。

 今年は全国から両部門に計八千九百六十一点の応募があった。審査員長の作家・村松友視さんは「今回の候補作は、作品をつくる工夫のほかにものすごく素直な気持ちがあり、こちらの心を打った」とたたえた。 (前田朋子)

 各部門の最優秀賞は次の皆さん(敬称略)。

 【絵部門】幼児 佐野智哉(富士宮市西ケ丘幼稚園)▽小学校低学年 福村颯太(富士市丘小)▽同高学年 熊谷吏恋(富士宮市富士根南小)▽中学生 瀬戸彩聖(御殿場市原里中)▽高校・成人 石川久美子(富士宮市)

 【手紙部門】小学校低学年 岩月爽真(富士宮市大富士小)▽同高学年 佐野史恩(富士宮市上野小)▽中学生 渡辺花楓(富士宮市富士宮第一中)▽高校・成人 安藤知明(大阪府豊中市)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報