東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

桃田、3年ぶり優勝 バドミントン全日本総合

男子シングルスで優勝し喜ぶ桃田賢斗=駒沢体育館で

写真

 全日本総合選手権最終日は2日、東京・駒沢体育館で各種目の決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)がジャカルタ・アジア大会銅メダルの西本拳太(トナミ運輸)を2−1で下し、3年ぶり2度目の優勝を果たした。

 女子シングルスで世界ランク2位の山口茜(再春館製薬所)が2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)に2−1で勝ち、2年連続3度目の女王に輝いた。

 ダブルスで女子は世界1位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)がリオ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)に2−0で勝ち、2連覇を飾った。男子は園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が昨年優勝の遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)を2−0で破り、2年ぶり3度目の頂点に立った。混合は渡辺、東野有紗組(日本ユニシス)が2連覇した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報