東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

新星25歳・服部、初V 日本勢14年ぶり 福岡国際マラソン

2時間7分27秒で初優勝した服部勇馬=平和台陸上競技場で

写真

 福岡国際マラソンは2日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、服部勇馬(トヨタ自動車)が2時間7分27秒で初優勝し、来年9月の東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。

 日本勢の優勝は2004年大会の尾方剛(中国電力)以来。

 前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)は2時間10分25秒で日本勢2番目の4位、園田隼(黒崎播磨)が6秒差の5位だった。

 6位の山岸宏貴(GMO)と7位の福田穣(西鉄)も2時間10分台で走り、新たにMGC出場権を手にした。川内優輝(埼玉県庁)は10位だった。(正午現在晴れ、気温20・2度、湿度47%、東南東の風2・7メートル)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報