東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

五輪マラソン6時開始で最終調整 熱中症予防、1時間前倒し

 2020年東京五輪の暑さ対策を目的とした競技時間の見直しで、大会組織委員会がマラソンの開始時刻を現在の計画の午前7時から1時間早め、6時とする方向で最終調整していることが3日、分かった。5時半案もあったが、観客の移動の負担やテレビ放送などへの影響を考慮し、6時で決着を図る。複数の関係者が明らかにした。

 関係者によると、1日に東京で行われた国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、IOCの天候対策の作業チームが熱中症予防などの観点からマラソンの開始時刻は「午前5時半から遅くとも6時にすべきだ」との見解を組織委に示したという。

 国際陸上競技連盟や日本陸上競技連盟からは午前5時台を希望する意見もあったが、組織委は6時が妥当と判断した。国際陸連の了承などが得られれば変更が固まる見通し。6時スタートの男子50キロ競歩はレースが3時間以上にわたることから、5時半に早める可能性がある。

 マラソンの開始は招致段階の計画では午前7時半だったが、暑さ対策で7時に早め、7月にIOCの承認を得た。しかし、今夏の猛暑でさらなる対策を求める声が高まり、組織委は競技時間の見直しを進めていた。

 東京五輪のマラソンは女子が8月2日、男子が大会最終日の9日に行われる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報