東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

村田「このまま終われない」 現役続行を表明

現役続行を表明し、笑顔でポーズをとるWBAミドル級前王者の村田諒太=東京都新宿区の帝拳ジムで

写真

 10月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座から陥落した村田諒太(32)=帝拳=が4日、東京都内で記者会見し、現役続行を表明した。「人生を振り返る時にあの試合が集大成でいいのかと考えた。もう一度世界の舞台に立てるボクサーになりたい。このまま終われない」と語った。

 村田は米ネバダ州ラスベガスで行われた2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)に大差の判定負け。「終わった後は98パーセントぐらい、ほぼやめようと思った。自分のボクシングが情けないと思った」と明かした。周囲と相談し、徐々に再起への思いが強まったという。

 敗戦を「起死回生の一撃がなかった。スタイルのベースを変える必要はない。いいパンチを打てる距離が課題」と反省した。

 今後の目標、方針は明確にしなかった。ブラントとの再戦に固執せず、1階級上げてスーパーミドル級で戦うことも視野に「流れがきたら、その風に乗れる準備をしておく」と慎重に話した。

 2012年ロンドン五輪金メダリストの村田は昨年10月に世界王座を獲得し、日本選手で初めてアマチュアとプロの両方で世界の頂点に立った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報