東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

貴ノ岩、現役引退へ 付け人への暴行で引責

千賀ノ浦部屋を出る貴ノ岩(左)=7日午後、東京都台東区で

写真

 大相撲の冬巡業先の福岡県内で四日夜に、付け人の弟弟子に暴力を振るった平幕貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、千賀ノ浦部屋=が責任を取り引退する意向を固めたことが七日分かった。関係者が明らかにした。

 貴ノ岩は昨年の元横綱日馬富士による傷害事件の被害者。元日馬富士は事件の引責のため同年十一月に引退していた。

 五日に日本相撲協会の聴取を受け、付け人が忘れ物について言い訳をしたことが理由で、宿舎のホテルで平手と拳で四、五発殴ったと説明したという。付け人からも事情を聴いた協会は今後、貴ノ岩の処分を検討するとしていた。

 貴ノ岩と師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は七日午後、東京都台東区の千賀ノ浦部屋から外出。親方は「協会に行きます。ちょっと話をしに」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報