東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

紀平、SP世界最高 驚愕スコア「想像もせず」

女子SPでルール改正後の世界最高をマークし、首位に立った紀平梨花=バンクーバーで(共同)

写真

 【バンクーバー=共同】グランプリ(GP)ファイナルは6日、当地で開幕し、女子ショートプログラム(SP)でGPデビューシーズンの16歳、紀平梨花(関大KFSC)が冒頭で大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、ルール改正後の世界最高となる82・51点でトップに立った。

 2連覇を目指す平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が77・93点で2位につけ、坂本花織(シスメックス)が70・23点で4位、宮原知子(関大)が67・52点で6位だった。

 男子SPで宇野昌磨(トヨタ自動車)は冒頭の4回転フリップが回転不足を取られ、91・67点で2位となった。昨季優勝のネーサン・チェン(米国)が92・99点で首位。

 7日に男子フリー、8日に女子フリーが行われる。

◇3回転半成功 首位発進

 「82・51」。驚愕(きょうがく)のスコアが表示されると、両手を握りしめて祈るようにしていた紀平が目を見開いた。「すごくびっくりした。想像もしていない点数だった」。大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させる会心の演技で、平昌冬季五輪女王のザギトワが持っていた世界最高を1・73点更新した。

 SPのテーマは夢の中で踊る少女。イメージしてきたのは「夢の中でノーミスしている」自分の姿だった。最大のヤマ場はGPシリーズのSPで2戦続けて決めることができなかった3回転半。過去の反省点を振り返り、万全の策を取った。前戦のフランス杯では時差ぼけに苦しめられたため、午前の公式練習が終わると1時間半の仮眠。演技直前に足首付近の革が緩くなっていたスケート靴をテープで固定し「これまで不安だったことを全て克服できた」。

 自信を持って挑んだ冒頭の3回転半は弧を描く助走から踏み切り、流れるような着氷で2・51点も出来栄え点を引き出した。勢いに乗ると締めくくりの美しいスピンまで細部に行き届いた内容で技術点では圧倒し、表現面を示す演技点でもザギトワと遜色ない高い評価。演目に込めた思いをようやく体現した。

 日本勢で2005年の浅田真央以来となるGPデビューシーズンでのファイナル制覇の好機。16歳のホープは「フリーではどういうふうなことが起こるか分からない。気が抜けない」。騒がしい周囲をよそに地に足はついている。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報