東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

16歳・紀平が初出場V フィギュアGPファイナル

 【バンクーバー=共同】フィギュアスケート女子の紀平梨花(きひらりか)(16)=関大KFSC=が八日、当地で行われたグランプリ(GP)ファイナルで自己ベストの合計233・12点をマークして平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)を破り、初出場優勝の快挙を成し遂げた。日本勢でGPデビューシーズンでの制覇は二〇〇五年の浅田真央以来。

 紀平は六日のショートプログラムでルール改正後の世界最高となる82・51点でトップに立つと、八日のフリーではアクセルを含む全六種類のトリプルジャンプを決めて一位となり、四連覇していたロシア勢を倒した。

 紀平は日本勢で三人目のタイトルを手にし、シニア転向の今季、国際大会で四戦四勝。日本フィギュア界で二二年北京五輪期待の星となった。

 優勝から一夜明けた九日、バンクーバーで取材に応じ「今は疲れもあってあまりよく分からない状態だけど、一位という結果が本当にうれしい」と笑顔で話した。

 二十一日開幕の全日本選手権(大阪)へ向け「今年を締めくくる大事な大会。笑顔で終われるようにしたい」と意気込みを語った。

<紀平梨花の話> (冒頭の)トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をミスしたが、切り替えることができた。自分の実力が出せて、本当にうれしい気持ち。諦めずにやってきて本当に良かった。 (共同)

<きひら・りか> 5歳でスケートを始め、2016年に国際スケート連盟(ISU)公認大会で初めてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功した。17年にジュニアGPファイナルで女子では世界初の3回転半−3回転トーループを決め、全日本選手権で3位。シニアデビューの今季はGPシリーズで2連勝。関大KFSC、ネット通信制N高1年。身長154センチ。16歳。兵庫県出身。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報