東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

紀平、限りない可能性 GPファイナル初出場V

 【バンクーバー=共同】グランプリ(GP)ファイナル最終日は8日、バンクーバーで行われ、女子は16歳の紀平梨花(関大KFSC)が世界最高得点を出したショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の150・61点をマークし、自己ベストの合計233・12点で初出場優勝した。日本勢でGPデビューシーズンでの制覇は2005年の浅田真央以来の快挙。

◆大技だけじゃない 高い精度

 「トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)だけに頼る演技はしたくない」。紀平の思いが凝縮された4分間だった。冒頭で大技の3回転半−3回転トーループが2回転半の単発となり、着氷で両手をついても「しっかり切り替えられた。後はほとんど悔いはない」。膨大な練習量に裏打ちされたリカバリー力で、世界最高得点を出したSPに続いてフリーでも五輪女王ザギトワを上回った。

 ミス直後に再び挑んで決めた3回転半は、2回転トーループも付けて2連続ジャンプとした。演技中盤の3回転ルッツからの連続ジャンプも予定したトーループを2回転から3回転に変更し、高得点を稼いだ。浜田美栄コーチが「全て想定して練習してきた通り」とうなずくように、どちらもザギトワにはなかった2点以上の出来栄え点を引き出す精度の高さが光った。

 代名詞の3回転半については「お気に入りとは言えない。日によって跳べなくなるし、いつもアクセルがなかったらなと思う」と話し、演目の完成度を最優先に考えるという。シニアデビューシーズンでザギトワとほぼ互角だった演技点は、小学6年から週3日、クラシックからヒップホップまで多様なジャンルでバレエやダンスのレッスンに取り組む成果だ。

 2022年北京冬季五輪の金メダルを見据え、4回転トーループの習得も目指すが「完璧な演技をしないと笑顔で終われない。あと(約)3年ある中で、どうやって仕上げていくか」。日本女子の新エースは限りない可能性を秘めている。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報