東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高梨、秋吉らトレード 日ハムとヤクルト、2対2

写真

 日本ハムの高梨裕稔投手(27)=写真(上)、太田賢吾内野手(21)とヤクルトの秋吉亮投手(29)=同(下)、谷内亮太内野手(27)の2対2のトレードが11日、両球団から発表された。先発投手陣の整備が課題のヤクルトと手薄な中継ぎの強化を目指していた日本ハムの思惑が一致した。

 高梨は山梨学院大から2014年に入団し、16年に10勝を挙げて新人王に輝いた。今季は18試合に先発して5勝7敗、防御率4・50で、通算では22勝17敗、防御率3・53。太田は埼玉・川越工高から15年に入団。今季は54試合に出場して打率1割9分4厘だった。

 秋吉はパナソニックから14年に入団。1年目から3年連続で60試合以上に登板するなど救援陣を支え、15年のリーグ優勝にも貢献した。今季35試合に登板し、通算では283試合で19勝17敗34セーブ、防御率2・68。谷内は国学院大から13年に入団し、今季は36試合に出場して打率2割2分2厘。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報