東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

瀬戸、短水路世界新 競泳200バタ

男子200メートルバタフライ決勝短水路世界新で初優勝し、喜ぶ瀬戸大也=中国・杭州で(共同)

写真

 【杭州=共同】25メートルプールで争う世界短水路選手権は11日、中国の当地で開幕し、男子200メートルバタフライは瀬戸大也(ANA)が1分48秒24の短水路世界新記録で初優勝した。この種目で3大会連続の表彰台。

 男子200メートル個人メドレーの藤森太将(木下グループ)は1分52秒73で3位に入った。女子400メートル個人メドレーの清水咲子は6位、高橋美帆(ともにミキハウス)は8位。男子100メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は準決勝12位で敗退した。

 男子400メートルリレーで日本の第1泳者、中村克(イトマン東進)は予選で100メートル自由形の短水路日本記録に並ぶ46秒54をマークし、決勝で46秒22に更新。日本(中村、関、松井、吉田)は6位だった。女子400メートルリレーの日本(青木、佐藤、今井、五十嵐)は3分31秒68の短水路日本新で4位だった。女子50メートル平泳ぎの寺村美穂(セントラルスポーツ)は予選と準決勝で30秒20の短水路日本記録を出し、スイムオフで30秒14に伸ばしたが、決勝進出は逃した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報