東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

丸「決め手は憧れと夢」 巨人入団会見 5年契約、背番号8

入団会見で背番号「8」を披露する巨人の丸。左は原監督=東京都千代田区で

写真

 国内フリーエージェント(FA)権を行使し、広島から巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)が11日、東京都内のホテルで入団記者会見に臨み「やってやるぞという前向きな気持ち。早く野球がしたい」と抱負を語った。5年契約で総額25億5000万円。背番号は原辰徳監督が現役時代に付けていた「8」に決まった。

 丸は「走攻守で高いレベルを期待されていると思う。闘志を前面に出して、泥くさくやっていきたい」と決意表明。ロッテや残留を望む広島が争奪戦を繰り広げた中で巨人を選んだ理由については、「子どものころからプロ野球を見に行くとしたら東京ドームだった。憧れ、夢も決め手だった」と明かした。

 広島では不動の3番打者として球団史上初となるリーグ3連覇に貢献。2年連続でセ・リーグの最優秀選手(MVP)に選ばれ、巨人でも中軸としての期待が懸かる。会見に同席した原監督は「左の長距離砲が必要だった。中心として戦ってもらいたい」と述べ、「オーダーを組むのも楽しみになった」と相好を崩した。

 来季の開幕戦の相手は11年在籍した古巣の広島。慣れ親しんだマツダスタジアムで巨人のユニホーム姿で戦うことには「正直、複雑な思いもある。しっかりとカープファンの前で、いいプレーができたら」と語った。 (中川耕平)

(金額は推定)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報