東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

羽生、全日本も欠場 実績で世界代表入りか

 日本スケート連盟は13日、フィギュア男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が右足首負傷のため、世界選手権(来年3月・さいたま)代表最終選考会を兼ねる全日本選手権(21〜24日・大阪)を欠場すると発表した。

 羽生は全日本で2年前がインフルエンザ、昨年が右足首故障のために出場を取りやめたが、世界選手権と平昌五輪の代表に選ばれている。ルール改正後の今季、ショートプログラム(SP)、フリー、合計で全ての世界最高得点を出しており、日本連盟が実績を考慮する選考基準で世界選手権は代表入りする可能性が高い。

 日本連盟を通じ「全日本選手権に向け、できることを尽くしていましたが、出場することができず非常に悔しく思います。1日でも早く痛みや制限がなくなり競技に復帰できるよう努めてまいります」と談話を出した。

 羽生はグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロシア杯でフリー当日の11月17日の練習中に4回転ループの着氷に失敗して右足首を負傷した。痛み止めを服用した強行出場でGP2連勝を成し遂げたが、3週間の安静と患部固定、その後約1カ月のリハビリ加療を要する見込みと診断され、8日までのシリーズ上位6人によるGPファイナルを欠場していた。

 羽生は昨年11月にNHK杯で同じ箇所を痛めており、そのときは2月の平昌五輪までの長期離脱を余儀なくされた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報