東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

今井、銀 女子100個メ 世界短水路選手権

女子100メートル個人メドレー決勝2位となった今井月の平泳ぎ。奥は優勝したカティンカ・ホッスー=杭州で(共同)

写真

 【杭州=共同】25メートルプールで争う世界短水路選手権第4日は14日、当地で行われ、女子100メートル個人メドレーで今井月(るな=愛知・豊川高)が57秒85で銀メダルを獲得した。カティンカ・ホッスー(ハンガリー)が57秒26で優勝し、大本里佳(イトマンSS)は8位だった。

 男子100メートル個人メドレーの藤森太将(ひろまさ=木下グループ)は51秒53で3位に入り、200メートル個人メドレーに続いて表彰台に立った。

 男子200メートルリレーで日本の第1泳者を務めた中村克(イトマン東進)が21秒16で泳ぎ、50メートル自由形の短水路日本新記録をマークした。日本(中村、松井、川本、関)は6位だった。

◆女王に肉薄 手応えの表彰台

 残り25メートルのターンで、周りにちらりと目をやった。女子100メートル個人メドレーの今井は「メダルはいける」と力を振り絞って最後の自由形を泳ぎ切った。女王ホッスーに食い下がり、堂々の銀メダル。世界レベルの大会で初めて表彰台に立ち「気持ちよかった。狙って取れたのでよかった」と朗らかに笑った。

 準決勝を2位で通過し、ホッスーの隣の5コースを泳いだ。相手が速いバタフライと背泳ぎで体半分ほどの差にとどめて前半を折り返すと、得意の平泳ぎでぐんぐん迫った。最後の自由形で突き放されたが、アトキンソン(ジャマイカ)やシーボム(オーストラリア)ら、世界の実力者に先着した。

 池江(ルネサンス)の日本記録に0秒10届かず「ちょっと悔しさも残った」と言うが、奮闘した混合200メートルリレーも含めてスプリント能力の高さを披露。今年は夏の国際大会の代表から漏れたが、挽回の機会で輝きを放ち「真ん中に立って、君が代を流してみたいと思った」とさらに意欲をかき立てられた様子だった。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報