東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

神鋼復活、18大会ぶりV ラグビー日本選手権兼TL決勝

サントリーを55−5で下して優勝を決め、喜ぶ神戸製鋼フィフティーン=秩父宮で

写真

 トップリーグ(TL)決勝トーナメントを兼ねた日本選手権決勝は15日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、神戸製鋼がサントリーを55−5で下し、TLでは初年度の2003〜04年シーズン以来となる15季ぶり2度目の制覇を果たした。日本選手権の優勝は18大会ぶり10度目となり、最多記録を伸ばした。サントリーの3季連続2冠はならなかった。

 神戸製鋼はWTBアンダーソンが前半3分と12分にトライを挙げるなど、22−5とリードして折り返した。後半も5トライを加えて圧倒した。

 3位決定戦は、ヤマハ発動機がトヨタ自動車に15−12で競り勝った。

◆50点差 サントリーを圧倒

 神戸製鋼が圧巻の復活劇を果たした。社会人同士の日本選手権決勝では最多の55得点、50点差の大勝。ゲーム主将のフランカー橋本大は「歴史をつくれた。感無量だ」と喜びに浸った。

 強力バックスを誇るサントリーにボールを安易に与えないよう、SOカーターは自慢のキックの多用を控え、パスを散らす。FWが縦に攻める際も細かくパスをつなぎ、的を絞らせない。プロップ平島は「狙い通り」と胸を張る。前半3分、連続攻撃からWTBアンダーソンが先制トライを決め、試合開始早々に試合の主導権を握った。FWで前に出て、バックスでパスを回す。シンプルな攻めで前半を17点リードで折り返し、後半は無失点。日本一を決める戦いとは思えないほど、おもしろいようにピッチを支配した。

 復権を目指すチームは今季、スミス総監督の発案でチームや会社の歴史を学ぶ「レガシー活動」を行い、足元を見つめ直した。平尾誠二らスター選手を擁して日本選手権を7連覇した1928年創部のラグビー部だけでなく、阪神大震災の被害を乗り越えた親会社の活動も振り返った。この試合のメンバーで最年少の24歳、重は「一丸でハードワークしてきた先人の仕事を知れた」。伝統を再認識し、勝利を目指す意義を改めて見いだした。

 強豪ニュージーランド代表の名司令塔だったカーターの新加入が注目を集めたが、最後は組織力で圧倒した。「自分たちが何を代表しているか、ということに立ち返った結果」とディロン・ヘッドコーチ。止まっていた名門の時間が、力強く動き始めた。 (対比地貴浩)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報