東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

関学、2年ぶり29度目V アメフット甲子園ボウル

関学大−早大 第1クオーター、突進する関学大のQB奥野(中央)=甲子園で

写真

 全日本大学選手権決勝、第73回甲子園ボウルが16日、甲子園球場で行われ、西日本代表の関学大(関西)が東日本代表の早大(関東)を37−20で下し、2年ぶりに最多優勝回数を更新する29度目の制覇を果たした。関学大は来年1月3日の日本選手権、ライスボウル(東京ドーム)で社会人王者と対戦する。

 関学大は第1クオーターに7−7と追い付かれたが、QB奥野の突破から勝ち越しのFGにつなげると、その後は安定した防御に多彩な攻めを絡めて主導権を握った。初優勝を目指した早大は反撃が遅かった。5月に日大の悪質タックルで負傷した奥野は、49ヤードを走り、パスで成功率80%、149ヤードをマーク。甲子園ボウル最優秀選手に選ばれ、年間最優秀選手に贈られるミルズ杯も獲得した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報