東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

15歳・張本、最年少V 卓球グランドファイナル

男子シングルス決勝で林高遠(手前)と対戦する張本智和=仁川で(共同)

写真

 【仁川=共同】ワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル最終日は16日、当地で各種目の決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング5位の張本智和(エリートアカデミー)が同4位の林高遠(中国)を4−1で破り、初の頂点に輝いた。15歳172日での優勝は、男女シングルスで大会史上最年少。

 ダブルスも含めた大会の最年少優勝は、14年に女子ダブルスを制した平野美宇(日本生命)伊藤美誠(スターツ)組の14歳。日本選手の男子シングルス制覇は2014年の水谷隼(木下グループ)以来3度目。

 張本は第2ゲームを取られて1−1となったが、その後3ゲームを連取した。

 女子ダブルスは昨年準優勝でともに18歳の早田ひな(日本生命)伊藤組が陳幸同、孫穎莎組(中国)に3−0でストレート勝ちした。

 優勝賞金は男子シングルスが10万ドル(約1130万円)で、女子ダブルスは1万4000ドル。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報