東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

19歳・堀米が3戦全勝 スケートボード・ストリート最終戦

スケートボード・ストリート男子のプロツアーで優勝した堀米雄斗の演技=米カリフォルニア州ハンティントンビーチで(共同)

写真

 【ハンティントンビーチ(米カリフォルニア州)=共同】2020年東京五輪で追加種目となるスケートボードで、男子のプロ世界最高峰ツアー、ストリートリーグの今季最終戦となる第3戦が16日、当地で行われ、19歳の堀米雄斗(XFLAG)が35・80点で制して3戦全勝の快挙を遂げた。

 ストリートは手すりや階段、縁石など街中を模したコースで技を連発する「ラン」と、一発技で競う「ベストトリック」の合計得点を争う。堀米はランを安定感高くまとめ、トリックで大技を決めて快勝した。3戦全勝は14年のナイジャ・ヒューストン(米国)以来、史上2人目。

 東京都江東区出身の堀米は今季台頭。5月のストリートリーグ第1戦で日本勢初優勝を遂げてから快進撃を続けている。

◆圧巻、淡々と高得点 東京五輪見据え

 ポーカーフェースで高得点を淡々と重ね、最終滑走を待たずに3連覇を決めた。出場選手でただ一人、10代の堀米は「信じられない。すごくうれしい」と現地の優勝インタビューではにかみ、ようやく素顔を見せた。

 勝負強さが際立った。予選のベストトリックは5回の試技で1回目に高得点を出した後、3回連続で転倒。だが「すごいプレッシャーがあった」という最後のトライでしっかりと着地して上位8選手で争う決勝に進むと、あとは圧巻だった。

 本来は苦手なタイプというコースで、10点満点の9点台を2度もマーク。「人とあまり技がかぶらない。オリジナル性でいけた」という高い技術力と安定感で、並み居る強豪を圧倒した。

 完全制覇で来年1月にリオデジャネイロで行われる新設の世界選手権に決勝から臨めるシードを勝ち取った。その先に見据えるのは20年の東京五輪。地元の声援を浴びての金メダル獲得が現実味を増すニューヒーローは「せっかく東京であるので、もし出られたら頑張りたい」と大舞台に思いをはせた。 (共同)

◆難コースうまく滑れた

<堀米雄斗の話> 今回はコースが難しかったので、自分のできることをやろうと思っていた。勝てるか不安だったが、うまく滑れてよかった。この調子で来年もうまくいけたらいい。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報