東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

聖火台「夢の大橋」決定 20年東京五輪・パラリンピック

写真

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台が競技期間中は臨海部のお台場エリアと有明エリアに架かる遊歩道の橋「夢の大橋」の有明側に設置される方針が17日、決まった。この一帯はスケートボードやバスケットボール3人制、スポーツクライミングなど「都市型スポーツ」の会場が集まる大会を象徴するエリアとなり、多くの人の目に触れることなどが理由。同日、関係組織の代表者による調整会議で了承された。

 メインスタジアムとなる新国立競技場にも開閉会式で使う聖火台を設けるが、陸上など競技を実施する期間はスペースや安全性などの問題で常設が難しいため、他の場所に第2の聖火台を設ける方向で検討していた。二つの聖火台は同じデザインとなる。

 調整会議では、大会後は式典用の聖火台は新国立競技場周辺に、競技期間用の聖火台は夢の大橋付近か関連する場所に「レガシー(遺産)として残されることが自然」とされた。式典用はスポーツ庁などが、競技期間用は東京都が管理することも決まった。制作費などの費用負担は関係者間で協議する。

 大会組織委員会の森喜朗会長は「(夢の大橋は)最も東京大会にふさわしい場所というのが総合した意見。こんないいところが東京都にあるんだなと非常に印象深かった」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報