東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

中嶋「アカデミー」存在感 ゴルフ米ツアー2勝・畑岡ら女子輩出

「トミー・アカデミー」でジュニアの女子選手を指導する中嶋常幸(右)=静ヒルズCCで

写真

 男子でツアー通算48勝の64歳、中嶋常幸が主宰するジュニア育成の「トミー・アカデミー」が成果を上げている。日本女子オープン選手権を連覇し、今季米ツアー2勝の畑岡奈紗を筆頭に女子の人材を輩出。このほど練習を公開し、中嶋は「経験してきたことを、ある程度形にして伝えられている気がする」と胸を張った。

 2012年に活動を始め、年に3〜4度の合宿を中心に指導する。「教えるのは基本的なことだけ。それを持ち帰って自分で深め、成長していくのがうちのパターン」と説明。合宿以外にも求められれば個別に助言を送り、畑岡のほかに蛭田みな美や小滝水音らをプロの世界に送り出した。

 14歳にして全米女子オープン選手権に出場し、来季は米ツアーに挑戦する山口すず夏(東京・共立女二高)、昨年の全国高校選手権覇者の政田夢乃(北海道・北海学園札幌高)らも有望株だ。

 茨城県の静ヒルズCCで行われた12月の合宿には松山英樹を指導している飯田光輝トレーナーも加わり、体力アップに力を入れた。山口は「飯田さんが来るときついが、体幹がよく鍛えられる」と話す。

 中嶋は「米ツアーで優勝する選手を出したいというテーマは、畑岡選手がクリアしてくれた。今後は強い男子を育てていきたい」と次の目標を掲げた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報