東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

西武・内海「新たな気持ちで」 入団会見、背番号27

入団記者会見で渡辺久信シニアディレクター(右)と握手する内海哲也投手=埼玉県所沢市で

写真

 西武からフリーエージェント(FA)で巨人に移籍した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として、西武に移籍する内海哲也投手(36)が21日、埼玉県所沢市の球団事務所で入団記者会見に臨み「ライオンズの一員として戦うんだなという気持ち。新たな気持ちで頑張る」と意気込みを語った。背番号は27に決まった。

 西武の印象については「すごい打つ球団だし、破壊力がある。わくわくしている」と話した。西武は菊池雄星投手(27)がポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指しており、手薄となる左の先発投手として期待される。「雄星君の代わりはできないが、僕にできることはしたい。元気な状態で1年過ごせば、結果はついてくる」と言葉に力を込めた。

 京都府出身で、福井・敦賀気比高から2004年に自由獲得枠で巨人入団。11、12年に最多勝に輝きエースとして活躍した。通算成績は324試合に登板して133勝101敗、防御率3・21。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報