東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ルメール、JRA年間最多215勝

クリストフ・ルメール騎手

写真

 日本中央競馬会(JRA)のクリストフ・ルメール騎手(39)は28日、千葉県船橋市の中山競馬場で8レースに騎乗して4勝を挙げ、武豊騎手が2005年につくったJRA年間最多勝利記録(212勝)を13年ぶりに更新する215勝(772戦)をマークした。

 ルメールはJRAの今年の開催最終日となったこの日、第4レースに勝って武に並び、第6レースで新記録を達成。さらに2勝を積み上げた。「今年はけがもなく素晴らしい一年でした。新記録はうれしい。でも今年は武豊さんの4000勝(JRA通算)が一番。彼はレジェンド。僕はまだまだです。まだ武豊さんがお手本です」と日本語で殊勝に話した。

 今年はアーモンドアイでの牝馬3冠、ジャパンカップ制覇など、史上最多を塗り替えるJRAのGI年間8勝をマークし2度目の年間最多勝に輝いた。

 レースの流れに合ったポジション取りに秀でており、柔軟性や思い切りの良さ、馬に負担をかけない柔らかい騎乗も強さの秘訣(ひけつ)。目標とする武を見習って、日本の競馬を貪欲に学んできた。獲得賞金は46億6023万5000円。武を抜きJRAの年間最多記録を更新した。

 フランス出身のルメールは15年にイタリア出身のミルコ・デムーロとともに外国人としては初めて通年のJRA騎手免許を取得。昨年は外国人初のリーディングジョッキーになった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報