東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

東洋大、攻めて往路連覇 5年ぶり総合Vへ 箱根駅伝

往路の4区で青学大・岩見秀哉(右奥)を引き離す東洋大・相沢晃=神奈川県大磯町で(代表撮影)=神奈川県箱根町で

写真

 第95回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロに関東の22校とオープン参加の関東学生連合を加えた23チームが参加して行われ、東洋大が5時間26分31秒で2年連続7度目の往路優勝を果たした。

 初の総合優勝を目指す東海大が1分14秒差の2位につけた。国学院大が3位と健闘。駒大が4位、法大が5位で続き、史上3校目の総合5連覇を狙う青学大は5分30秒差の6位と出遅れた。

 昨年まで3大会連続総合2位の東洋大は1区で西山和弥が2年連続の区間賞を獲得。先頭と8秒差の2位で出た4区の相沢晃が区間記録を塗り替える快走でトップを奪い返し、リードを山上りの5区でも守った。

 3日の復路は5区間、109・6キロで争われる。

 箱根路を制すには−。東洋大の酒井監督が何度も強調したことがある。「主導権を握る走りをしないといけない」。絶対王者の青学大を浮足立たせるためにも、攻めて、そして粘る。狙い通りの展開で2年連続の往路優勝。「選手たちの力を証明できて、うれしい」と話す指揮官の表情は誇らしげだった。

 流れをつくったのは、2年連続で1区区間賞に輝いた西山(2年)だ。今季は出雲、全日本と不振だったが、18キロすぎで仕掛けると、トップでエースの山本(4年)へ。3区を終えて、青学大に8秒差をつけられての2位。宿敵に先行されても酒井監督は「想定通りのタイムだった」。その直後、4区でハイライトが訪れた。

 相沢(3年)が序盤から飛ばし、3キロ手前で再び首位に立つと、以降は一人旅。「100点以上」と自賛した区間新記録の快走で、レースの行方を決定付けた。

 この日走った5人は1年前にも往路を踏んだ。経験は強みになる。一方で今季は山本、3区を託された吉川(2年)、相沢が故障を経験。吉川が「心が折れそうなこともたくさんあった」と明かせば、昨年末まで左足首の痛みと闘っていた相沢も「本当に箱根を走っていいのか不安だった」という。それでも「力のある選手は、箱根の前には調子が上がる。信じていた」と送り出した酒井監督の期待に、5人全員が応えてみせた。

 前回は2位と36秒差で復路をスタートし、6区で逆転された。今回は1分14秒差。加えて、大ブレーキの青学大とは5分以上のリードを得た。5年ぶりの総合優勝に追い風が吹くが、酒井監督は「セーフティーリードじゃない」と表情を引き締める。歓喜の瞬間を手繰り寄せることができるかは、東洋大らしい攻めの走りを貫けるかに懸かっている。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報