東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

G長野、広島移籍 丸の人的補償

長野久義

写真

 巨人がフリーエージェント(FA)で獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、広島に長野久義外野手(34)が移籍することが7日、両球団から発表された。巨人は炭谷銀仁朗捕手の人的補償で内海哲也投手が西武に移籍したのに続き、生え抜きのベテランが移籍することになった。

 長野は巨人を通じ「3連覇している強い広島に選んでいただけたことは選手冥利(みょうり)に尽きる。巨人では皆さんの支えのおかげでここまで頑張ることができた。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしている」と述べた。

 広島の緒方孝市監督は球団を通じ「リーグ4連覇、そして日本一へ向けて大きな戦力になってくれると期待している」とコメントし、松田元オーナーも「(これまで長野に)痛い目に遭わされた」との言い回しで、勝負強さを評価した。

 長野は福岡・筑陽学園高から日大、ホンダを経て2010年にドラフト1位で巨人入り。1年目に新人王に輝き、11年に首位打者、12年には最多安打のタイトルを獲得。11年から3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞に選ばれた。昨季は116試合に出場して打率2割9分、13本塁打、52打点で、通算成績は打率2割8分6厘、137本塁打、500打点。

◆「まさかショック」球団幹部ら驚き

 長野外野手の人的補償での広島移籍が決まった7日、巨人では亀井善行外野手が川崎市のジャイアンツ球場で「寂しい。最大のライバル。あいつがいたおかげで僕もここまでやれている」と語った。同じ外野手で「人ごとじゃなかったから何とも言えない」と複雑な表情を浮かべ「違うチームでも、ともに一年でも長くやれたら」と思いやった。

 大塚淳弘球団副代表はチームのバランスを見てプロテクト枠28選手を決め「若返りもあった。まさかベテランを取るとは。ショック。難しいね」と話した。7日午前に通達し、本人は元気がなかったそうで「申し訳ないと謝った。2度ドラフトを蹴って入ったいきさつもある」とわびた。

 山口寿一オーナーは「まぎれもないチームの看板。残念だし痛い」と厳しい表情。西武に人的補償で移籍した内海投手と同じく、他球団にドラフト指名されながら入団を拒否し、後に巨人入りしており「過去に若い選手を他球団に手放し、惜しいと思ったことも現場ではあった。一方で、長年貢献してきたベテランを外すとこういうことになる。非常に難しい」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報