東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

40歳・中沢「1ミリの後悔もなくピッチを去ろうと思う」 横浜M 引退発表

写真

 横浜Mは8日、元日本代表DF中沢佑二(40)=写真=が引退すると発表した。W杯は2006年ドイツ、10年南アフリカ両大会に出場したセンターバックは膝などに痛みを抱え、18年シーズンは22試合出場にとどまった。

 中沢はクラブを通じ「シーズンを終え、自分の思いを整理した中で、やはりこのクラブでユニホームを脱ぎたいという思いになった。1ミリの後悔もなくピッチを去ろうと思う」とコメントした。

 埼玉県出身の中沢は地元の三郷工技術高を卒業後のブラジル留学などを経て、1999年にV川崎(現東京V)入り。02年からは横浜Mでプレーし、03、04年はリーグ2連覇に貢献。04年には日本人DFとして初めてJリーグの年間最優秀選手に輝いた。J1通算593試合出場は歴代3位。

 日本代表でも長く活躍。歴代6位タイの国際Aマッチ110試合に出場し、17得点した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報