東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

吉田沙保里、引退 世界大会V16 あす会見

吉田沙保里

写真

 レスリング女子で五輪三連覇を含む十六大会連続世界一に輝き、二〇一二年に国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里(36)=至学館大職=が八日、自身のツイッターで現役引退を表明した。吉田は「三十三年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」と投稿。十日に東京都内で記者会見する。

 津市出身の吉田は三歳でレスリングを始め、一四年三月に亡くなった父・栄勝氏の指導で力をつけた。〇一年に中京女子大(現至学館大、愛知県大府市)に進み、栄和人氏に師事。高速タックルを武器に〇二年の世界選手権で初優勝した。五輪では女子が正式種目となった〇四年のアテネ大会から三連覇した。

 一二年に世界選手権を十連覇すると、五輪三連覇と合わせてアレクサンドル・カレリン氏(ロシア)を超える史上初の十三大会連続世界一を達成。カレリン氏の異名だった「人類最強」にちなんで「霊長類最強女子」と呼ばれ、同年に国民栄誉賞を受賞した。

 一五年末で所属したALSOKを退社し、四連覇を目指した一六年リオデジャネイロ五輪では銀メダルに終わった。その後は休養に入り、選手兼任で日本代表コーチに就任。一六年十一月から昨年八月末まで至学館大の副学長も務めた。今後については「改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と記した。

<よしだ・さおり> 2004年アテネ、08年北京、日本選手団の旗手を務めた12年ロンドンで五輪3連覇。選手団の主将として臨んだ16年リオデジャネイロ五輪は銀メダルを獲得した。世界選手権では20歳だった02年大会で初優勝し、15年まで13連覇。12年に五輪、世界選手権を合わせ、史上初の13大会連続「世界一」でギネス世界記録に認定された。01〜08年に119連勝をマーク。三重・久居高−中京女子大(現至学館大)出。三重県出身。

現役引退を表明した吉田沙保里のツイッター

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報