東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

稀勢の里、初場所出場の意向

 横綱稀勢の里が10日、進退が懸かる初場所(13日初日・両国国技館)に出場する意向を示した。東京都江戸川区の田子ノ浦部屋での朝稽古後に取材に応じ、「非常に順調だと思う。あとは場所に臨むだけ」と話した。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)も「出場するつもりで稽古してきている。よっぽどでない限りは(休場しない)」と話し、出場する方針を示した。

 稀勢の里は昨年の九州場所で、初日から4連敗して5日目から休場。場所後に横綱審議委員会(横審)から過去に例がない「激励」の決議を受けていた。九州場所の初日には右膝を痛めており、12月の冬巡業も全休。回復具合が心配されるが、横審の委員からは初場所の出場を強く望む声が上がっていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報