東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日清食品グループ、駅伝撤退 「選手の受け皿縮小」懸念

 日清食品グループが11日、強豪の陸上競技部を縮小する方針を示したことに、陸上界には困惑が広がった。財団を通じた若手の海外挑戦支援、小学生大会への協賛などの実績がある同社の駅伝撤退。日本陸上競技連盟の麻場一徳強化委員長は「びっくりしている。東京五輪も近いので残念」と話した。

 発表の文書では「世界を目指す選手の活動をサポートする体制に切り替える」とした。部の関係者は、東京五輪マラソン代表選考会(9月15日)の出場権を既に得た佐藤悠基、村沢明伸以外の12選手は移籍か引退を迫られるとみている。中谷圭佑は「新しい環境を探しつつ引き続き頑張る」とツイッターにつづり、入社予定の学生2選手は別のチームを探すことになった。

 縮小の理由について「総合的な判断」と述べるにとどめた同社。ある実業団の監督は「経営状態の問題とは考えられない。いきさつがよく分からない」と首をひねり「(他の)実業団チームに影響を及ぼす可能性も否定できない」と懸念。麻場委員長は「アスリートの受け皿が小さくなる」、青山学院大の原晋監督はツイッターで「追随するチームが出ないことを願う」と危機感をあらわにした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報