東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

楢崎「感謝でいっぱい」 引退会見 42歳「気持ちが切れた」

現役引退の記者会見をする名古屋グランパスの楢崎=名古屋市西区で

写真

 サッカーの2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会などW杯の日本代表に4度選ばれ、8日に引退を表明したJ1名古屋のGK楢崎正剛(42)が11日、名古屋市内で記者会見し「今まで自分がプレーしたことや、応援してくれた人との信頼関係はなくなるわけではない。感謝の気持ちでいっぱい」とファンやチーム関係者らにお礼の言葉を述べた。

 1995年に横浜F入りし、99年から名古屋で20季を過ごした。J1は歴代最多の631試合に出場した。「最後のシーズン」と臨んだ昨季は公式戦出場なし。終了後、やり切ったとの判断はしかねたが現役を続ける意欲は高まらず「気持ちが切れたら続けるもんじゃないと最初から思っていた」と引退を決意した。

 名古屋がJ2にいた2017年9月の金沢戦が現役最後の一戦となり「一番心残り」としながらも「名古屋で終えることもすごく誇り。どんな形であれ関わることがある」と今後はサッカー界発展のために貢献する意向を示した。

 昨年11月に引退を表明した川口能活氏はアグレッシブな守りで「動」、対して楢崎は冷静な判断や無駄な動きのない「静」と表現され、長くサッカーファンを魅了した。

 「昨シーズンが始まる前に最後のシーズンだと思っていた」と楢崎は強い覚悟で臨んだ。それでも「全てが100パーセントじゃないなという気持ちだった。何となく感覚的にしっくりこなかった」との思いが終了後にこみ上げた。練習では体を毎日のように地面に打ち付け、満身創痍(そうい)。膝などのけがも一因だったが、引退の最大の決め手は気持ちの問題だった。

 昨年12月、川口氏の引退セレモニーで「(現役を)続けてください」と声を掛けられ、言葉に詰まったという。「そういう言葉は自分の心に響いて悩んだ材料だった」と熟考したが、現役続行とはならなかった。

 謙虚な姿勢が特徴の楢崎は自宅からクラブの練習場まで「通い慣れたところをよく20年間通ったなと思う」と笑顔で自画自賛した。会見後に元チームメートの山口素弘氏から花束を受け取った楢崎は「サッカーに育てられた。サッカーに恩返ししたい気持ちが一番強い」と第二の人生に心を躍らせている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報